皆様攻めテックjapan合同会社ノ高根沢と申します 本日はディクテーションローランのウェブキャストにご参加いただ き、誠にありがとうございます 今日の日本のftwの状況は?急速な人口の高齢化と労働力の減少 に、よりi o tの必要性が非常に高まっております 日本では複数のl bwaのソリューションが選択できる状況とな っておりますが、よりスマートに、より効率的に、より低コストに それらを実現するLPダブルaソリューションとして日本で実績の あるローラone solutionを強く推奨してまいります 本日は業界を代表するシスコシステムズ様 Aws様マクニカ様から、日本のローランの最新情報と費 用対効果が高く、信頼性の高いi o tソリューションを実装し たいくつかのローランのユースケースについてわかりやすく、紹介 を頂きますぜひ後背地をくださいよろしくお願い致します あああ、皆様こんにちはシスコシステムズのイノベーションラボの 魚と申します私のほうからは特に、日本の状況を踏まえた i o t無線通信システムのポイントとローラー1の概要を合わ せて説明したいと思います I o tシステムにおいてものからデータを集めたり、制御する ためにはセンサーや口下手を使いますが、後付けする場合や一時的 に設置したい場合には、一般的には無線を使います 日本では20年以上前からベンダー独自の裁量化された無線技術が 使われてきました システムが攻撃になるにつれてカバレッジの限界が見えてくると、 マルチホップを使った技術が登場しました が、プロトコルの複雑さや実装の難しさ、運用の難しさなどの課題 が出てくるとLPダブルaと呼ばれる長距離無線技術が出てきまし たしかし、それらを評価すると想定していた性能が得られず、また 別の技術を評価するという繰り返しでデータを集める、あるいはデ ータを届けるという、本来の目的が達成できてないというお客様多 く見受けられます セッションでは、なぜそうなるかについてにも 触れますので、今後のi o t無線通信シス テムの構築に役立てていただければ幸いです ええ? は? ネクソンいやそう初めにローラー1ローラーについて簡単にご説明 しますローラワンはi o tシステムにおける無線無線ネットワ ークを構築する技術ですええ、大事なことですので、もう一度言い ます無線ネットワークを構築する技術です 国内でのユースケースとしてはビルの空調監視や入退室関し、それ からこの中で最近特に事業のある2酸化炭素の濃度監視などがあり ます農業の分野では、生産の効率化の為、ええ音質と2酸化炭素土 壌の状態監視、家畜の体調監視やええ牧草の成長具合の監視ええ、 それから獣害対策などがあります スマートシティでは特に多いのが、子 供やお年寄りの見守り、駐車場のええ 使用状況の監視、さらに建設現場や製造業物流におけるアセットの ええ在庫管理や東南検知などはローラーワンが特に得意とする分野 となりますまた、発電設備の監視や最近特に議論が活発になってき ていますスマートメーターへの応用もあります I o tシステムと言いましても多種多様ですが、これらのよう に主にええ消費電力の要件が厳しく、高いリアルタイム性が求めら れない数バイトから数100倍と程度のデータを掃除するシステム で使われます ええとローラーワンは世界的に見ると最も使われているi o t 無線技術のひとつです 左の図はええi o tアナリティクスリサーチが去年発行したデ ータですが、これを見ますとn b i o、tとローラーワンで 2分されていることがわかります 中央の図はローランを推進している* *ーラアライアンスが今年 出した資料になります 銅鑼湾を導入している国は171カ国パブリックオペレーターの数 は156となっています これは企業が自身のために運用している等はネットワークが含まれ ていませんので、オペレーターの数は数倍になると思われます ええ右の図は、総務省が発行した2020年度の情報通信白書に乗 っていた世界のLP wモジュールの出荷台数の推移及びA4速に なります1番下のオレンジの部分がローラで12支ぐフォックス lt m n b i o tその他となっています こちらを見ましてもえー?キャリアが提供するLP w怪しげフォ ックスに比べて、a rollerのローラの方が今後は使われて いるだろうと解釈できます そしてi o tシステムにとって重要なサステナビリティですが 、ローラーワンは世界中で500以上の組織がローラーアライアン スに加盟しており、世界中に様々な分野のサービスを提供している オークのオペレーターがいます 彼らの実運用に基づいたフィードバックをアライアンスのえ技術部 会で検討して、よりよいシステムに開業して行くサイクルがありま すそして大事なのが、後方互換性と相互接続性も考慮して使用に反 映していることです また、aほかの技術と比べて特徴的なのがアライアンスのメンバー でなくても、誰でも企画を入手することができるため、ええ、大学 や研究所などアライアンスに参加していない組織が実装して、プロ トコルの安全性を検証することができます その結果を使用にフィードバックして、さらに改良して行くと言う サイクルがローラーライン明日にはあります このため、ローラーは使い続けられる技術 であるということが言えるかと思います ええさてえほかの技術と比較して、ローラーワンがどういう技術が ?まずはao枠を掴んでいただくために、代表的な無線通信技術を 準備しましたええ左の図をご覧くださいええ、右にええすみません 左の縦軸にdata rate右の縦軸に消費電力横軸に通信距離 を置いて大まかに配置してみました キャリヤなどが提供しているサービスは、ライセンスバンドとよば れる有料の占有周波数帯を使います 専用周波数帯ですので、外乱が予想しやすく、通信距離も数キロ程 度まで伸ばすことが可能であり、安定した通信が可能になっていま す一方で千葉周波数帯ですので、運用コストを抑えることが難しく なっていますまた、データレートを高くするために様々な技術が使 われたね消費電力を抑えることがとても難しいという面もあります さらにええ、特に人口密度が少ないエリアでサービスが提供されて いないという問題や、へデータがキャリアのネットワークを取るの で、プライバシーを懸念するユーザーの声もあります したがって、通信コストや消費電力を抑えること、それとサービス エリアやプライバシーなどが要件として挙がっている場合、ほかの 技術が選択肢と上がっていきます ええ通信コストを抑えるには、一般的にはあい、snバンドを使い ますこれはあんライセンスバンドとよばれますあんライセンスバン ドを使う技術では、データレートが高いものが左上にもアップされ ています代表的な技術はワイファイやbluetoothです 千葉周波数帯ではないので、鑑賞がオークおよそ数100mが限界 になりますこの周波数帯はレーダーなども使われてたね屋外で使い づらいという実績も実情もあります ええ消費電力を抑えると一般的には財団に弱くなるため、通信距離 が短くなります代表的な技術はbleです 消費電力を抑えたまま距離を伸ばすと外乱が増えるため、冗長信号 を増やし、外乱に強くします結果的にdata rateが落ちま すでそれが右下にマップされているLPダブルaと呼ばれる技術群 ですLP盤とも呼ばれ、企画でも特定の技術の名前ではありません L pwaは、データが低く出たレートが低く、低消費電力で長距 離通信に用いる通信技術の総称という位置づけになります ローラーは、このLPダブルaに分類されている通信技術です ええこちらはLP wに分類される代表的な技術のおおまかな比較 になりますLt mやn d i o、t以外はええ日本ではアン ライセンスバンドの920 mhzたいを使います キャリアが提供しているlt mやn b i o tはlteな どと同様にサービスの範囲が人口密度に依存します T foxやええやるドレスはサービスを提供しているプロバイダ ーがサービスをええ、ネットワークを運用します ヘイローやゼータは、お客様がご自身で運用することになります でローラー1話サービスを提供しているプロバイダーに運用を任せ る方法と、お客様ご自身で運用する方法を選択できるようになって おります例えば、data privacyが必要であれば、自営 で構築したり、初期コストを抑えて実験するためのキャリアのええ 実験するためにキャリアのサービスを利用 したりすることが可能になっております だってぇーでは920 mhzたいがどのような使われ方をされて いるか?またどのような法規制があるかを見て行きましょう まず特徴的な規制として、電波を出す前にその周波数帯がその周波 数が使われていないかを検査してから、ええ電波を出すというキャ リアセンス別名lbtレッスンビフォートークというルールがあり ます海外ではほとんどの国がこのルールを使用して いませんそのため、海外で実績のあるデバイスを流 用することが難しくなっている現状があります 920 mhzは、大きく3つに分けられます 周波数の上の方、ええこちらの表では右の方になります39から永 禄11チャンネルは送信時間が短いですね使われますまた、出力は 20ミリワットに抑えられています 一方で周波数の下の方へ表では左の方0から23チャンネルは rf IDで使われています そして中央24から38パネルは比較的規制も緩く、出力も250 ミリワットでええまでを使えるため、実際に運営運用する場合は比 較的規制の緩いこの範囲を使うユーザーが多いのが現状です ええこの中央のバンドのさらに下の方はrf ID reader でも使われていて、距離は極端に短い ですが、出力が強いので、近くで使われていれば影響は少なからず を受けますまた、日本ではスマートメーターの普及率が60%を超 えていますこのスマートメーターが使う周波数帯が24から61チ ャンネル、つまり表の中央から右の部分であることを忘れてはいけ ませんさらに現在、この周波数帯のルールを検討している あライブは1番が並列の幅、つまり5チャンネルを同時に使う技術 をこの920 mhz使うことを検討しています この技術が入ってくるとますます920 mhzたいが混雑するこ とになりますしたがって、外乱に強い技術の使用が望まれます これらのように悪い話だけではありません実はえー、 920万がやるための規格であるstd T1丸八の バージョンが1.3になっていることと、中央に空白 があることに気づいた方もおられるかもしれません ええと去年の10月に920 mhzたいの2週目終わったに関し て、非常に良いニュースがありました 海外で使われている実績のあるデバイスを使用で利用したいという 要求が以前からあり、エアライブで長い間検討されていました が、ついに規制が緩和されてキャリアセンスを必要としない条件が 2つ追加されました 1つは、単位時間あたりの送信時間は1%に抑える場合、もう1つ のは送信時間を400ミリに抑えながらチャンネルホッピングする 場合、このどちらかの条件にあてはまるえばキャリア戦争をしなく てもよくなりました ルールの詳細はええライブのs t dt一丸8バージョン1.4 をご覧くださいここで申し上げたいポイントは、センサーやデバイ スが国内市場で見つからない そのため、初期開発費用が高くなり、牧野実証実験の継続、あるい は断念してしまうという点が改善されると期待できます ええここでローラーのプロトコルスタッフについて少しだけ触れま すラワンは無線伝送路に低消費電力で長距離無線を実現するローラ を使っています そしてこのローラを使ってどのように無線ネットワークを維持する かという部分、つまりmac層をローラーアライアンスが策定して いますよく勘違いされる方がいらっしゃいますが、プライベートロ ーラーと呼ばれるええものもあります このプライベートローラーも、無線伝送路にローラを使っています が、ローラーwantは互換性がないことをここで申し上げて ええ前のスライドに出てきましたが、日本の場合はアライブが st dt 1マルハチのような法規制を作っています 各国独自の無線の法規制がありますので、ローラーアライアンスで は各国の規制に従ったの使用方法を規定したa regional パラメーター仕様を発行しています 日本は、この中のエース級兄さんダッシュ1という名前の企画を使 うことになっています ええさて、ここからはフィールドにしているデバイスからどのよう にデータを収集するのか見て行きましょう ええまずはトポロジーです無線通信のトポロジーは大別すると2つ に分かれます1つはマルチホップ型で、これにはメッシやツリーも 含まれますこのtopologyは、ワントップの距離を短くする と高速で通信することが可能になります一方で計画的に濃度を配置 する必要があります そして、ゲートウエイに近いところでは、フレームが集中するため に特殊な濃度が必要になったり、マルチホップのトポロジーを維持 するためのプロトコルが複雑で実装が比較的難しく 障害が起きた時の対応が難しいという課題もあります ええローラー版ですええ採用しているスター型では、 topologyが単純なので、濃度の配置が比較的易しく、通信 プロトコルがシンプルになります このところがシンプルですので、実装の差が少なく、相互に接続さ せた時に問題が起きにくいつまり、ほかのベンダーのデバイスを追 加しやすいことが挙げられます また、topologyがシンプルなので、トラブルが起きたとき に切り分けが比較的やりやすいという特徴もあります 次にシステムについて見て行きますOくノi o t無線通信シス テムは、左のゲートウエイ終端型システムを採用しています Gateway終端型は導入コストを抑えられる、大きなメリット がありますしかし、無線ネットワークという観点では、大きなデメ リットがあります デバイスは1つのゲートに登録して使うため、デバイスを追加する とgatewayのコンフィグを変更する必要があります さらに、セキュリティもゲートウェイに実現しているので、管理が 煩雑になりますええ無線LANのトレンドをご想像してください 自立型apを使ってネットワークを構築されたことが、ある方は gateway終端型の運用の大変さをご理解いただけるかと思い ますまた、アプリケーションの観点では、アプリはgateway で閉じているため、システムが再評価されデータの再利用を難しく しているokina原因となっています システムが採用されていますので、別のアプリケーションを追加し ようとするとgatewayを含むシステムがベッドもあることが 必要になってきます そしてオークの実証実験が失敗している根本的な原因が、デバイス とgatewayが一対1になっていることが挙げられます 無線の電波が飛ぶ空間を時間で変化しています競技実験でうまくい ったからといって、明日うまくいくとは限りません人や物は動いて いますしく、先は絶えず変化しています従って、大規模な無線ネッ トワーク画面でカバーする必要があるという事をご理解ください ええローラーわんではコントローラ型システムを採用しています デバイスから英送信されたローラーワンのフレームを受診した gatewayは、それをコントローラーに送ります ある方向の物理状態が変化して、ゲートウエイにフレームが届かな くても、別の方向のゲートウェイbが受信すれば、フレームはコン トローラまで届くことになります つまり、gatewayを中心にセルを適度に重ねることで、その 範囲のフレームの到達性を向上させることができます そしてコントローラー型ですので、すべてのデータはコントローラ ーまで上がってくるためへ、データの再利用が容易になります 無線の部無線部分の制御はコントローラーが行うた め、電波の状態が変化しても適切な制御が行え、比 較的安定したフレームの到着性を維持できます ローラワンはgateway終端過程で起きるもんゲートええ gateway終端型で起きる問題が気にならないという方は、 gateway 1台からでも始めることができます そして、システムの伯母に合わせてjoy激怒で通過して追加して えー、スケールさせていくことが可能なシステムになっています しかし、初めからスケールさせることがえ?念頭にあるならば系統 よ最低でも2台置いて実験していただき、コントロール型のメリッ トを実感していただくことをおすすめします ええさて、スケーラビリティの話が出ましたが、次にフレキシビリ ティの話にええ触れたいと思います ええ左半分にはコントローラー型システムの一般的なコンポーネン トを並べています 左からセンサーgatewayコントローラーそれから例えば可視 化アプリなどのアプリケーションサーバー最後にa userの端 末がありますこれをこれにたいしてどのように運用しているかを考 えますまずはすべてのコンポーネントはプロバイダが運用してえ、 データだけをユーザーに提供する構成です センサーの運用管理はすべてプロバイダ任せですので、ええデータ のみに集中することができます これは都市や地域のデータをサードパーティーが分析するような b to b to cのユースケースが考えられます また、海外のo t企業で多く採用されているのもこのパターンで す次にセンサーはユーザーが用意してデータの伝送路プロバイダー が提供する構成です ええ?ユーザーは自前でアプリケーションサーバを立てずにデータ を取得することができるので、比較的コストを抑えてデータを収集 することができます エポックなどでこの携帯を取られるお客様が今いますまた、自治体 もこの運用形態を捉えるところがあります 3つ目は、gatewayとコントローラーをプロバイダーが提供 して、それ以外のユーザーが運用する構成です この構成が最も一般的でアプリケーションサーバを自由に構築する ことができるので、ユーザーの要件にあったデータを再構築するこ とができます最後はええユーザーが待って全てユーザーが全てのコ ンポーネントを管理し、a運用する構成です データのセキュリティを気にされる方、あるいは そもそもパブリックなサービスが提供されていな い地域では、この構成を採ることになります ええローラー盤はLPダブルaの中で唯一このような柔軟で拡張性 のある構成を選ぶことが可能になっております ええ?そして必要であれば、コントロールやコントローラーやアプ リケーションサーバーを多重化できます 先ほどご説明したとおり、無線部分は既に多重化されておりますが 、それに加えて全体を多重化することでデータを確実に収集するこ とが可能になります ええと、今日は 今日はええと時間の関係でええ詳しく触れることができませんが、 ドラ1は他にもadrと呼ばれる ええ、電波状況に応じた適切な伝送パラメーターの選択方式、それ からa消費電力を考慮した3種類のええ双方向通信方式ええコント ローラー間のローミングといった機能も備わっております 特にセキュリティに関しては、気密性や完全性を考慮した設計にな っており、セッション鍵を更新する仕組みも備わっていますので、 通信に同じ鍵を使い続けるといった心配もありません ええ先ほどもご説明したとおり、アライアンス内外のオークの機関 が検証していますので、安心してお使い頂けると信じております また、* *ーラアライアンスの中に改良し続 けるサイクルもありますので、何か問題が見つ かったとしても、プロトコルは改善されます さてええ、このように?ローラーは優れた技術で世界的に見ると最 も普及している技術と言えますし、その根拠もあります ええ一方ええ しかし、国内に目を移したときには必ずしもそうは言えません ええこちらは、総務省が発行した市場検証年次レポートに掲載され ていたi o tサービス提供者が使っている通信技術のグラフに なりますこれによるとキャリア提供の技術が圧倒的に多く、銅鑼湾 はシグフォックスよりも少なく、世界の状況と逆転しています いくつか原因が考えられますが、1つはやはりキャリアが提供する 3G lteネットワークの人口カバー率が95%を超えているこ とさらにltmの人口カバー率が99%を超えることが考えていま す考えられます ええ一方でアライアンスのLP waが伸びていない あんライセンス停止しました 一方でアンライセンスのLPダブルaが伸びていない 理由としては、やはりローラー1の他にシグフォック スl adresseゼータと似たようなといった似 たような技術が混在していることが挙げられます それぞれ適材適所で使えばいいのですが、ドン総務省が今年の4月 に発効したi o t利用環境構築事例集を見ると、それぞれのい い部分を生かし切れていないと感じています そして、これまで国内の920 mhzで使われていたベンダー固 有の通信システムのオークワデバイスとゲートへの一対1通信だけ を実現することに注力していました 従って、評価方法もそのような 視点から評価されているのが、現状でこのことが次のステップ、つ まりデータを利用するというステップに進むことは難しくしている のだと思いました また、ローラとローラ1を混同しているユーザーも多数いらっしゃ るのも原因の1つではないかと個人的には感じています ローラは伝送技術ですので、これまで説明してきた利点がありませ んええ、このことがポップのポップや実証実験 で思わしくない結果になり、次に繋がらなかっ た原因の1つとして考えることができます さて以上のように日本におけるi o t無線通信システムは様々 な技術が混在し、そしてデータを利用するというユーザーの本質的 な要求を満たす前の段階であると感じています こちらにあげさせていただいた企業はええ、日本から参加してロー ランスのメンバーになります ええ、先月ですが、ええマイクロソフト様も参入されました ええこのメンバーがローラー1をサポートして行きますので、何か ありましたらお声掛け頂けると幸いです そして江戸以前から要望があった銅鑼湾についての話を日本語でで きるグループがfacebookにできましたええ2本ローラーは ミートアップといいます ローラアライアンスには行っていない方でも参加可能ですので、ぜ ひご参加してご利用ください このグループはローランスは直接的な関係はありません しかし、ローランスに参加している日本のメンバ ーたちがこのグループに入っていますので、必要 に応じてご相談に乗っていただけるかと思います ただし、あのボランティアベースになりますので、その点はご了承 ください一方でローラーアライアンスでは日本か ら参加して頂ける企業様を募集しておりますので 、こちらもどうぞよろしくお願いいたします ええまとめになりますデータを利活用するには、get a終端型 ではなく、コントロール型を使ってくださいまた、データの到達性 に不安がある方はgateway複数おいてください運用に課題の ある方は、スター型トポロジーをご検討ください スター型トポロジーでコントローラー型システム、そして gatewayを複数置くことで、i o t無線通信システムの オークの課題が解決します ローラ1話スター型ですのでええスター型でコントローラーが他の i o t無線通信通信ネットワークを構築する技術であることを ぜひ覚えておいていただけると幸いです ええ、これでえー、私のほうからのプレゼンは終わりになりますご 清聴ありがとうございました はいええ、私のセッションでは、ローランの国内ユースケースをご 紹介させていただきます株式会社マクニカの居間と申しますよろし くお願いします 先ほどの説明でもありましたが、ローランはほかのLP w聴くと 比べて多様なネットワーク構成がとれる企画になっております L p wというと無線の部分がフォーカスされがちですが、実際 にi o tシステムを構築する際に、はどのようなネットワーク 構成がとれるかが重要になります 実際にどのような構成がとれるのか、あるいはどのような場合にど のようなタイプを適用すればよいのか、具体的なユースケースをま とめてご紹介させていただきます 最初に弊社の紹介を簡単にさせていただきます パプリカはコア事業として半導体とネットワークセキュリティ事業 を行っております また、近年では自動運転やaiサービス、ロボットなどの新事業出 かけている会社になります 弊社のええとらまんに対する取り組みで 振り込みになりますか?日本向けのローラ版企画ができた、いわゆ るasq 2さんという企画ができた 2か月後の2016年9月にローラーアライアンスに加盟しており 、日本ではローラン歴としては長い方かと思っております 合わせてローラン企画作戦に携わったアクティビティ社いずれもロ ーラーライン屋さんの親切になります カーリング者やネットフォックス社の正規代理店でもあります また、弊社は単純にセンサーやネットワークサーバーといったもの を販売させていただくだけではなく、お客様の課題をヒアリングさ せていただいた上で、適当な適切なセンサー選定やエンドユーザー さん向けのアプリケーション開発も含めたお客様のi o t化を トータルにサポートしております おかげさまで100社以上のお客様のi o t化をサポートして まいりましたが、割合としてはビル管理のお客様であったり、工場 のお客様が多いような状況になっております その他、各ユースケース向けのパッケージや豊富なセンサーライン ナップも取り揃えておりますので、i o t化やdx対策をご検 討の方は是非ご連絡いただければと思います 本題ですが、最初に基本的なネットワ ーク構成を説明させていただきます * *ーラ1仕様で定義されている構成と致しましては黄色い枠で 囲われている左側から端末ゲートへネットワークサーバーが定義さ れております通常、その先に application server data server データベースサーバーが分かれます この構成の中で重要なポーションとしては、デバイスやゲートウェ イの管理を行うネットワークサーバーが挙げられます このネットワークサーバーの提供方法が複数あるということで、ロ ーラワンの対応ネットワーク構成を可能にしております ほかのLP w規格の場合、中心的な役割を担うこの部分が、特定 企業様のクラウドに限定されていたりすることで、選択できるネッ トワーク構成が限られることがあります 実際の構成ですが、大きく3パターンに分かれる負けられサーズタ イプオンプレタイプゲートは1体型のタイプが挙げられます 団体客は、ネットワークサーバーベンダーがサーバーのシステム管 理を行ないますので、user userはネットワークサーバー 自体の管理をすることなくサービスとして、ネットワークさんは機 能をご利用いただけます また 様の企業ネットワーク内にオンプレミスで構築するタイプになり、 ユーザー様がサーバーのシステム管理をする必要はありますが、企 業ネットワーク内に企業ネットワーク外にデータが出ないことから 、機密性にええ優れた構成となります デートへ行った相方は、gatewayにネットワークサーバー機 能を入れたもので、別立てでネットワークサーバーを用意管理する 必要がないことから、小規模なi o t環境を素早く構築したい 場合に使用されます これらを踏まえて、実際のユースケ ースのご説明をしたいと思います 2つ目のユースケースですか?コロナウイルス感染症対策の接触履 歴確認になります このユースケースの顧客要望目的としては万が1職場で陽性者が出 た場合に出社制限を最小限の範囲で行うために、ある機関の濃厚接 触者を素早く特定したいというものになります 合わせてこのお客様の場合は、主に工場での使用 を想定されており、ユーザーである工場に運用負 荷をかけたくないというご要望もありました さらに導入を検討していた本社部門の方も、その関連の方でシステ ムには詳しくなく、システム管理にはコースをかけることができな いという状況もありました 実際にご提供したソリューションとしてローラマンの専用端末を胸 に付けていただき、端末をつけた人同士が特定の距離や特定の時間 、接触した場合、接触情報としてアプリケーションにデータを送り 、情報が蓄積されるというものになります そして万が1陽性者が出た場合は、アプリケーションに、より接触 情報を参照することで、素早く陽性者と接触があった人をピックア ップすることが可能になります 導入する前は複数名のスタッフが数日間かけて社員にヒアリングを して特定していた 濃厚接触者がこのシステムを導入することによって、数時間で済む ようになったとの声をいただいております また、このユースケースでは、3タイプのネットワークサーバーを ご利用いただいており、ネットワークサーバーの管理をする必要が なく、現場で実施するべき事は導入時にゲートへの設置と電源投入 だけまた、ユーザーは運用中に専用端末を定期的に充電して薬飲み になっており、現場での運用負荷がなくてよいというような声もい ただいております また、複数拠点に入れて頂いておりますが、対象エリアを増やした いとなった場合も、パンツタイプのネットワークサーバーで一元管 理しておりますので、端末の登録などは本社部門で完了し、現場サ イドには追加するゲートへと端末を送るだけで病院にシステム拡張 も可能になっております 続きまして2つ目のユースケースですか?工場内の車両トラッキン グの事例になります このユースケースの顧客要望としては広大な工場内 約東京ドーム30個分の敷地内に点在する車両の 稼働率にばらつきがあるため、車両の位置を把握 し、業務効率化につなげたいということでした 合わせて工場内容車両が移動するため、gateway間での反動 まに対応し、対応して欲しいというご要望終わりました また、社内規定に、よりデータが社会のシステムを通るクラウドタ イプのシステムは使えないという制約もございました ご提供させていただいたソリューションとしては 、GPS対応ローラン端末を車両に設置リアルタ イムな位置情報を収集、可視化することでした これに、より車両の稼働の情報が稼働、把握でき、効率的な運用す ることができるようになったとの感想をいただいております また、このユースケースでは、ネットワークサーバーを顧客表のネ ットワーク内におんぷれで構築することで、データを外部に出さな い機密性の高いシステム構築ができました 合わせてgateway間の移動もローランの仕組みに、より問題 なく対応出来ます 最後のユースケースですか?ビルメンテナンスの事例になります このユースケースでは、商業施設内に複数箇所ある空調設備の水漏 れを検知したいということでした 商業施設であることから、天井から水漏れが発生するとテナントで ある店舗からクレームが来るだけではなく、被害状況によっては 1000万単位の賠償問題につながるということから早く導入する 必要があるというご要望がありました また、将来的には水森に限らず、i o t化によって施設管理の 効率化を検討されており、まずはローランを使ってみたいという状 況でもありました 提供したソリューションと、してはロールパン、水漏れセンサを数 カ所に設置し、水漏れが発生するとアプリケーションを通じてアラ ートメールが担当者に通知されるものになります これに、より店舗に被害が出る前に検知対処できるという声をいた だいております また、このユースケースではゲートへ1体型のネットワークサーバ ーを使用致しました 一般的にこのタイプのネットワーク カバーは価格帯が抑えられており、また別立てでネットワークサー バーを準備しなくてよいと腸がありますので、結果的に導入のコス トと手間を抑えることができ、顧客内の計画承認から設置までを非 常に短期間で進めることができました 合わせてこのp o cを通じてローランに触れてい ただき、顧客内でのローラ1IO tに関する知識の 蓄積と経験をいただくことでええ、今後のi o t 化を踏まえたお話をさせていただいております ええ、駆け足でした 別のユースケースはいかがでしたでしょうか? ここでおさらいとして、各ネットワークサーバ ーのタイプの特徴を整理したいと思います ダンスタイプはサーバーのメンテナンスが不要であることから、メ ンテナンス性がよく、クラウドで提供されていることから、ネット ワークサーバーとしての冗長性などの対応もされており、可溶性に も優れたものになります また、ローランエリアを増やしたい場合も、 遠隔から端末やgatewayの登録管理が できますので、拡張性にも優れています オンプレタイプは企業欄にて形で構築できますので ええ管理は各企業で実質出てくるものの気密性に優れたコースをと ることが可能になっています 最後にゲートへ1体型は一般的に価格が抑えられているため、 small startや美容師に向いていると言えます この本格運用する場合などは、メンテナンス性なども考慮し、サー ズタイプに移行されるお客様が多い状況になっております 最後にまとめになりますが ローランはユースケースに応じてさまざま ネットワーク構成をとることができます 2つ目に導入のしやすさや運用のしやすさ、拡張 性などを重視するポイントを決めて、それに見合 った構成をとることが重要となっております このような時にどのようなポイントで見ればよいのか、あるいはど のようなセンサーを選定すればよいのか? このようなあの困った際には是非ええ、マクニカにご相談ください ご静聴ありがとうございました 次のセッションですね ローラ1導入を加速させるための枝ブレスの活用ということで、え えアマゾンウェブサービスジャパン株式会社ソリューションを上げ ていくと、のいいだから発表させていただきます よろしくお願いします はいえっとまずですね ええ、背景なんですけども、あの昨今、様々な企業様がローラ1の 1などのLP wを活用したサービスの導入を勧めていることと思 いますで一方ですね 商用化に向けてはアプリケーションの開発であったりとか、運用コ ストなどのハードルがいろいろあって、なかなかこうさきに済まな いというケースも多いと感じています で、このセッションではですね、ダブルスのサービスを活用して、 小さく始めて、大きくスケールさせていく方法について、あの事例 をいくつか交えてご紹介していければと思って います はいでもうオークの皆様、ご存知のとうりですね I o tはさまざまな産業において活用されておりまして、まあ その流れはますます加速している状況です ええ、例えば工場では設備の異常検知やプロセスの最適化などで活 用が進んでいますし、医療ロジスティクス、スマートシティ、スマ ート製品、農業エネルギーモビリティ非常に様々な所で、あの使わ れている状況かと思います で、まあ、こういったさまざまなi o tのユースケースにおい て、あのすでにawsを利用して成果を上げているお客様も大変オ ークいらっしゃる ようにええ状況ですでですね、あのi o tの事例数多くあるん ですけどもまあ、特に海外ではあのローラー版を用いて課題解決を 行っているお客様も多くいらっしゃいますでそこで今回ですね海外 事例はまずみっつご紹介できればと思います はいまず一つ目ですねドイツ鉄道様の例です ドイツ鉄道は世界最大の鉄道会社とも言われておりますが、ここで もローランを活用して様々なニュースを実現しております ええ、例えば駅の時計の同期であったり、乗客数のカウントあと整 備工場におけるスペアパーツの在庫運送状況、建物の使用率 電力の使用量などの非常に多岐にわたってまあ活用されております これらのデータをですねローラーを用いて収集し、可視化したり、 あとリモートから制御することができるようにしております で内部的にはあのデータ収集にt t iを用いていて、そのデー タを枝ブレスに転送してアプリケーションを構築されています この効果としてまあ、officeビルの利用効率化であったり、 駅の乗客の流れや環境メトリクスの把握、あと整備工場での正確な 部品在庫の把握等が可能になっておりまして、コスト削減や、新た なビジネス価値の喪失につながっているようです 次の0ですねコンプライアンスメイト様の例です 日本でも6月、今年6月から原則としてすべての食品のと事業者の 皆様にあのはサップに沿った衛生管理を取り組む必要が出てきてい ることと思います で、オークのレストランではですね、衛生管理衛生管理記録に紙の ノートのはどうしようしています 従業員はまあチェックを手動で行う必要があったり、場合によって はこう書き間違いだったり、書き忘れが起きるようなリスクも考え られますもちろんその書くことにコストですね時間を割いて割く必 要もございますで、コンプライアンスメイトはですね、こういった 課題に対するソリューションを提供していますええ、コンプライア ンスメイトですけどね もうあのワイヤレス温度センサー10モバイルアプリなどを用いて 、店舗での食品の安全性とコンプライアンスをコントロールできる ようにしていますユーザーはリモートからでも温度データにリアル タイムにアクセスでき、以上をすばやく検知することができ、ええ 食品の安全性の問題を発生する前に防ぐことができるようになって いますでコンプライアンスメイトではレストランの冷蔵庫、冷凍庫 に温度センサーを後付けする形で使用します で、このセンサーは後ほど紹介するa double s itコ アフォーらワンと接続しています このローランのデバイス側ですね 冷凍ユニットの厚い壁を貫通できて、で低消費電力で交換せずに何 年も使用でき、運用コストを抑えられております ええ食品がダメになるリスクを減らしながら、顧客の食品の安全性 を確保するというエンドユーザーの目標をより簡単に達成するとこ ろに貢献されております で3つ目の例ですねくxとi o tさまですこちらはスマートビ ルディングのユースケースです アパートなどの不動産管理を行うためのi o tソリューション で、アパートの格闘にローラー1のゲートウェイを設置して、各居 室には部を設置します このハブは、この左下の絵にあるように、それ自体はサーモスタッ トとなっており、へ一時ぐbやb、l、e、gウェブで各居室にあ るスマートロックや照明、あと角柱センサーと接続しています このシステムのメリットとして、居住者は家の情報をリモートから でもアクセスすることができるようになっており、これがあの建物 の資産価値の向上につながっているということです また、このシステムを導入したことによって、鍵のトラブルによる 電話の数を減らすことができ、結果的にコスト削減に繋がったとい うことも言っています ユーザーはスマホからロックを開閉することが 可能なので、鍵をなくして入れないといった緊 急のトラブルを回避できるようになっています コスト的なところでは、例えばこうワイファイで同様の仕組みを組 むとなると、各居室であったりとか、各回ごとにこうワイファイル ーターを設置したり、あとその設置を設置や配線をするような必要 が出てくるかと思います 一方でコーラ1を採用することで非常にまあ電波が飛 ぶので、gatewayは建物に1つだけ設置して、 あと配線などが不要になるので、簡単にセットアップ ができてコスト削減につながっているようです はいでここまでですね3つの事例を紹介しましたが、まあ、海外で はこのようにオークの成功事例が出てきており、まあ実際に活用フ ェーズに入っている入っている状況です で、日本でもオークの企業でローランをはじめとするLP w a の活用を検討して、pcや初期検討を進めていますが、そこから商 品化や導入まで進むケースはだいぶ限られているような印象を受け ていますでは、どういった原因があるのか?それについてこの後考 えていきたいと思います さまざまなお客様にヒアリングさせていただき、見えてきていると ころでもあるん?ですが、商品化や導入に至らない3つの理由とし て、これらがあるのではないかと考えております 1つはコストですね コストが当初の想定よりも発生しそうだと分かって諦めてしまうケ ースもう1つが品質ええ、ハードウェアとサーバーをまたがるシス テムなので、品質要件をどうやって定義して満たしているかを考え ると難しくてペンディングになってしまうケースがあります あと3つ目としては? ビジネス上の目的であったり価値があまりこう明確になっていない 状態でpcを進めてしまって、まあ一応こう動くものはできたんだ けれども、まあ次の一手をなかなか決めかねていると、いったよう なケースですねこれらがあるのではないかなと思っていますで、そ れぞれちょっと詳しく見て行きたいと思います 一つ目のコストが想定よりも察性思想という課題についてです ええ、コストは非常にざっくり分けると、このハードウェアサーバ ー通信に分類できるかと思います でここでまあよく目にするのがですね本番時のサーバーや通信の費 用を事前に試算が出来ていないまた、それがビジネスモデルに与え る影響を評価できていないというパターンです で、物売りのビジネスに慣れていると、リリース後に継続的にかか る費用をどうすればどう扱えばいいかまで、なかなかこう目がいか ない場合があるのではないかなと思います 基本的には高通信費用やサーバーコストはできるだけできる限り低 く抑えることで よりビジネスモデルが描きやすくなるのではないかなと思います じゃあどう低く抑えるかという話なんですけども、通信コストに関 しては、ローランはgatewayおよびサーバー間の通信費用が かかるものの各デバイスゲートウェイかには費用はかかりません ですので、デバイスごとに通信費用がかかるほかの通信手段と比べ ての場合ですとゲートウエイに接続するデバイスが増えれば増える ほど、どんどんコスト的に有利になる傾向があるかと思います このサーバーコストに関してですねええ、ダブルスはオークのサー ビスが従量課金になっています データ量や接続数に応じた課金になっているので、数台のpcであ れば、もうほとんど費用はかかりませんし、そのための多額な初期 投資というものもかからない様になっております で次にですね2つ目の課題として挙げた品質匹の要件の対応が大変 という課題です 一般的なa i o tのサーバー側のプラットフォームを考える と、大きくこのオレンジ色のブロックのようなコンポーネントで構 成されますさまざまなデバイスですね 左側にあるように、さまざまなデバイスのデータを収集して処理し て、で、必要に応じてデータを保存してデータを活用し、でそれを ですね右側にあるように、エンドユーザーはもちろ ん、あのさまざまなステークホルダーの方が利用で きるような形で表示したり扱えるようにします でまあ、ここでですね、あの どういった用件非機能要件が必要になってくるかというところを見 て行きますと、あのデータ収集のところで言えば、あの1台10代 とかそういったレベルであれば、あまり検討しなくてもいいんです けど、まあ100台船代1万台と増えていった時に、大量なデバイ スからの入力を安定的にちゃんと処理するようなスケーラビリティ が求められたりとか、あとはセキュリティですね デバイスがちゃんとこう自分が登録したデバイスかどうかの身元の 証明と、いったところも必要になってきます データ処理分析のところで言うと、まあ入力したデータをできるだ け低レイテンシで処理したいだとか、あと、大量のデータをこうす ることで処理したいという要件があったり、あとデータ保存のとこ ろで言えば、過去数10年のデータを保存できるようなキャパシテ ィが求められたり、あとはデータのバックアップですね 絶対に消したくないデータといっても、言ったものも管理する必要 があるかと思います あとデータの活用のところで言うと、リアルタ イムでのかしか通知であったり、数年分のデー タを可視化したいと言ったところもあります このデバイスの管理のところに、デバイスの管理のところに行くと 、こちらも、大量なデバイスの状態を監視したり、あとはファーム ウェアの更新あとグループ管理ですね 例えば、講師向けごとにデバイスを管理したいだとか、そういった 要求にも応えていく必要があります デバイスの制御のところで言うと、まあ、こちらもですね大量のデ バイスの同時接続はもちろんですが、あとはオフラインの対応とい ったところ求められます でこういった様々な要件ですね一旦この左のリストの左にリストで 表示しているんですけども、本当にいろいろなところをですね お客様の方で対応して頂く必要が出てくるかと思います でそこですねえ ダブルスの特にi o tに特化したサービス、さまざまなものが ありまして、これはお客様にあのいちいちこう実装して、あの運用 していただく必要なく、まあawsがそれを肩代わりしてお客様に はですねあの1番効果値に、お客様エンドユーザー様の勝ちにつな げるアプリケーションの開発に専念していただくようなあの仕組み を提供しております でその中でですね、去年の12月になるんですけども、awsから ローランのデバイスのデータをデータ収集を行うためのサービスが 登場しております W i o tコアフォーらワンと言うサービスになります サーバー部分はですね、マネージドサービスとして提供されており まして、まあlnsの開発はもちろん、あのリリースのなどのリス トアの定常的なサーバー管理のオペレーションが不要になります デロリアンにはですね3つの送受信の方法があり、クラスと呼ばれ ていますが、全てのクラスを実装していまして まあクラウド側からの任意のタイミングでデバイスにメッセージを 送ることも可能になっています でベーシックステーションという選択様がリリースしているオープ ンソースのパケットワードを使って、今してでgateway側も 実現されております ですぐに使えるデバイスをですね弊社の枝ブレスのあのパートナー デバイスカタログというウェブサイトがあり、そちらから選ぶこと ができるようになっております ええまあ1部注意としては、日本の法律を満たしていないゲート弁 もあるので、まあどういうの際にはご注意いただければと思います そしてですね、あの今年の7月なんですけども、あの東京リージョ ンでもこちら利用可能になっており、日本のお客様にもあの利用可 能利用しやすい状態になっております 3つ目ですね最後の課題ですけどもええビジネスビジネス価値が具 体化されていないという課題も上げさせていただきました 実際、LP wを活用したビジネスは、まだまだたち茶会の段階で 、あの各社が模索しているような状況にあるのではないかなと言う 風に感じています そんな中で、いち早くビジネスの成功を収めるにはどうしたらいい かということだと、いったような質問を考えると、これはまあロー ランに限りませんけれども、pcを繰り返して お客様の潜在ニーズをしっかり捉えて、それを満たす製品やサービ スを形にしていることかと思いますでは、あの素早く実現するには どうしたらいいかということを考えると、できるだけ小さく少ない 予算で短い期間でp o cを実現評価してで女子校ニーズを汲み 取って汲み取りながらこう進化して行く そのための柔軟な設計にしておくと、いったことが重要かなという ふうに思っております でですねAwsをお使いいただくと、まあ、こういった、小さく始 めて、大きく育てていくプロセスを加速できるのではないかなとい うふうに思っております えーダブルスを利用する場合、このローラのデバイスのデータがロ ーラー1ゲートを経由してw i o tコアに届きます で、ここではですね、メッセージをほかのawsや外部サービスで 転送する機能があります で、これを使うことで、まずはこうデータをあげて次に分析して貸 し貸してその後にこうデータを使って機械学習をかけてみたりとか 、ほかのシステム、他のアプリケーション連携すると、いった感じ でこう段階的に拡張することが可能になっています 1つだけ例を挙げますで、冒頭に3つ目に紹介し、たくエックスと 様の事例なんですけれども、クラウド側は、このようなアーキテク チャーになっています で1つ1つのアイコンはまあ単機能のa wで言うところのサービ スを表していますで、一見難解そうに見えるかもしれませんけど、 少し見て行きますとええ、この? 左上のブロックですねまあこちらがですねローラー1の部分ですね ローラーデバイスからデータを上げる部分になりますで、次がデー タを保存する、いわゆるデータベースの部分 で下の方がアプリケーションだったり、フロントエンドの部分で1 番、左がuiでそれ以外ですね プロダクションにおいて必要なCI cdセキュリティログメール 通知、ユーザー認証などのブロックに分かれているような感じです でまあ、ここにブロックで分かれていますが、あの進め方としては あの子のローラー1の部分で、まずpcをして、あの実際データが 上がることを確認していただいてでじゃあどう保存しているかとい うところを考えて、じゃあそれをどうやって見せるかと言った所を 考えて、その後、プロダクションで あのどういったセキュリティのポリシーにするかであったりまろ語 どうするかとか、こういった所を追加して行くと、いったような開 発の仕方が可能になっています はいで駆け足ですでしたけれど、もまで3つの課題及びそれぞれに 、対してローラー1や枝ブレスがどのように活用いただけるかにつ いてご紹介してまいりました ええ、今日のお話を聞いて興味を持ってくださったお客さまでさら に理解を深めたい方がいらっしゃいましたら、是非こちらのリンク をチェックして頂ければと思います より詳細な技術情報、ワークショップなどが掲載されております はいで最後ですねまとめになりますが、本当に様々な企業でローラ ー1やLPダブルaの導入が進んでおりますただ、特に日本の客様 ですね今日取り上げたみっつの理由コスト、品質、ビジネス価値が 見いだせないなどの理由で、なかなか先に進んでいないのも現状か と思いますええ、もちろんユースケースにもよるところはあるん? ですが、ローラーwant awsを活用することで、少ない初期 投資でpcを開始でき、運用費用を抑えて本番利用が可能になりま すぜひチャレンジしていただければと 思いますはい以上で私の発表終わり になりますありがとうございました 皆さん、こんにちは ええせめてxjapanのケニーと申します今日の海老名参加して いただいて、destination度は参加していただいてあり がとうございました 最後にですねええとまとめの言葉とあとええとスポンサーからのえ えと賞賛の紹介をしたいと思いますので、もう少し参加していただ ければと思います ええまずはこちらのええdestinationローラワン特に今 回japanっていうイベントでは、こちらの三社がスポンサーで ございますええ、最初の会社はマシン球という会社 これはcomcastの子会社であり、主にアメリカの方でトータ ルi o tソリューションで活躍している会社さんです まあ、システム円とグレーだったんですね 2社目はバーズ者になりますSilverスポンサーですまず者と いうのは、主にヨーロッパのマーケットで参加されているええソリ ューションを提供している会社さんですええ、特にですね スマートシティという分野の中で環境を気にした環境するしを出す ためのええ、今のメンタルi o、tと呼んでいる分野で活躍して いる会社さんです 三社目はチャーターコミュニケーションズええこちらは 、アメリカのテレコミュニケーションズとマスメディア の大手さんですけど、ええと去年の2020年の3月か らローラーライスのボードのメンバーにもなり、ええ、 今日現在、ローラの活躍でええ参加されています こちら三社のホームページをぜひ見て頂ければと思います でええ、次にはですね 今後予定されているええlauraローラoneの日本で今計画さ れているイベントを2つほどご紹介したいと思います まずはええと10月の27日に攻めていくジャパンとしては日本語 でえ?ウェビナーを開催します スマートロジスティクスという分野についてのシステムソリューシ ョンを紹介したいと思います こちらの方のスピーカーさんもトラッキングスマートロジスティク スについての参加されている教会のソリューションプロバイダでも あり、ハードルも提供されている方々が参加されます ぜひこれに参加していただければと思います 2番目のイベントはet今年のe t i o t从へ11月の 17から19までええ、横浜のパシフィコで行われますけど、そち らのほうでええ?今回はローラーパビリオンという形でなるだけ 幅広く日本でのソリューションを提供しているメーカーさんソリュ ーションプロバイダー、システムインテグレーターさん、皆さんに 来て頂いてええ、ここに参考のためにどういうものが日本で提供で きるかということが 実際に実物が見えるかと思いますので 、ぜひ来ていただければと思います でええ、次にはですねローラーアライアンスですね ローラーライアン今回のこちらのウェビナーろアライアンスが開催 していますけど、ぜひローラー来月の辺ページ見ていただいてええ i o t l p w aで活躍されているお客様はどういうメ リットがあるかというのが、ローランス入ることによって測れるか と思いますので、ぜひこちらの方も見ていただきたいと思います で次のローラone world expoこれは世界的に、お客 様参加者、スポンサーの皆さんが集まって1か所でええ、どういう ソリューションがworld wide使われているか?ええ、そ ういうことが見れるようなイベントになりますので、2022年来 年の3月の29日から30日、2日ほどパリで行われます ぜひこちらも参加していただければと思います 今日のええプレゼンテーション長い時間を聞いていただいてありが とうございますぜひ私たちと連絡をとっていただいて、日本でどう いうソリューションが必要かというのをぜひええ、提案できればと 思います今日はどうもありがとうございました 本日はディスティネーションローランのウェブキャストにご参加い ただき、誠にありがとうございました Qaチャットについていくつかご質問頂きますので、ご紹介させて 頂きますまずちょっとシステムの件なんですけどもええ音声ときの 件大変申し訳ございませんでした後ほどですね録画した動画が公開 になりますので、公開動画には音声特にございませんので、後ほど そちらご覧頂ければ幸いですもう1つですねええダウンロード版の スライドに関してなんですけども1部文字化けをしているという報 告がありまして後ほどええこいつa配布できるように調整致します ので、大変失礼をいたしましたで質問に関してなんですけどもえ? 一転ですねアクセスが難しいところで使われている機器に、対して まあ容易にファームウェアのリモートupdateは可能ですか? という質問がございました ええ、こういった関連の質問と言うところでええアクセス、まあ、 物理的に聞きにアクセスというところだと思うんですけども、まあ 方と呼ばれる機能ございまして、遠隔地からの機器のファームウェ アのupdateが可能です そのためのソリューションが各社から提供されて おりますすみませんお時間の都合上ご紹介できるご質問以上となり ますええ、本日のthis nationローラーのウェブキャス トは以上となりますご清聴誠にありがとうございました _1657051359466

今日の日本のLPWAの状況は、人口の急速な高齢化と労働力の減少により、IoTの必要性が非常に重要性を持ち、複数のソリューションと選択肢があるため、非常にユニークな状況となっております。よりスマートに、より効率的に、より低コストで、これらの物事を実行するための推進力として、日本で実績のあるLoRaWANソリューションを推奨しております。

業界のリーダーであるシスコシステムズ、AWS、およびマクニカのシステムインテグレーターが、今日の日本のLoRaWANのステータスに関する最新情報と、顧客がLoRaWANの利点を活用して、今日の厳しいニーズに対応する費用効果が高く信頼性の高いIoTソリューションを実装したいくつかのユースケースについてわかりやすく紹介を致します。

 

---------------------------------------------------------------------------------

LoRaWAN the best LPWA solution for Japan’s IoT needs

 

The status of LPWA in Japan today is very unique due to multiple solutions and choices where the need for IoT is very critical due to a quickly aging population and dwindling labor force.  The push to do things smarter, more efficiently at lower costs is driving the adaptation of proven LoRaWAN solutions in Japan.

Industry Leaders Cisco, AWS, and Macnica a system integrator will give you the latest update on the status of LoRaWAN in Japan today and several use cases where customers have leveraged the benefits of LoRaWAN to implement cost effective and reliable IoT solutions for today’s demanding needs.

_1657051359634